あべのヒゲ脱毛の物語~大阪で生まれ育った男~

ひげ脱毛は美容外科とか皮膚科クリニックでもやってるんだよ。
クリニックだから当然ドクターがいて、担当の医師やら看護婦やらが脱毛治療としてしっかり診療、治療してくれるから、安心して脱毛したいっていう人には最適なんだ。エステよりもちょっと料金が高いけど、永久にひげが生えてこないなら、まあ打倒な金額なんじゃないかな。

一生髭剃りシェーバーとか剃刀の替刃とか、髭剃りクリームなんかを買う必要がないと考えると、そんな高い料金でもないよ。なんといってもひげが無くなることで肌がきれいになって快適な生活ができるしね。

クリニックでは医療レーザー脱毛で脱毛治療してくれるんだ。レーザーってなんか痛そうなイメージがあるけど、痛さは個人の感じ方によって違って、まったく平気って奴もいれば、痛くて耐えられないって奴もいる。ちなみに痛かったら頼めば麻酔クリーム塗って脱毛してくれるよ。それだと無感覚だからいくらでも脱毛できるんだ。

毎朝忙しいサラリーマンにおすすめなのがひげ脱毛だよ。
ひげ脱毛は顔の主に下半分に生えているいわゆるひげを脱毛すること。脱毛することによって毛が生えてこなくなるから、朝に髭剃りすることもほとんどなくなるんだ。ひげ脱毛ができるところはネットで検索すればわかるよ。

大阪近辺に住んでたら、意外といっぱいあるよ。天王寺区・阿倍野区だったら阿倍野ひげ脱毛メンズエステとか皮膚科のある病院でもできるところがあるんだ。
脱毛は毛の細胞を破壊する光を照射することによって効果があるんだよ。これをひげに充てれば、そのひげが死んでしまって、ただの老廃物としてポロっと抜け落ちてくるんだ。

これを数カ月おきに繰り返して、どんどんひげの本数を減らしていって、1年後ぐらいには完全にひげが無くなるっていうわけ。毛が太い剛毛の人とか毛の量が多い人はちょっと期間がかかるし、逆に毛がそんなにない人は早くにひげがなくなるよ。毛質とか肌の状態、ひげが生えている範囲は人によって違うから効果が出るのもバラバラなんだ。

スイカ丸ごともらうとちょっと困る

こんにちは、チヒロです。東京で動画作家をやっています。具体的には自分でムービーを撮ってYouTubeにアップしたり、企業などのクライアントさんから動画を撮って欲しいという依頼を受けて撮影をして編集をして納品しています。

ウェブでは動画の時代と言われているように普通の企業HPでも動画を見せるのが流行っています。スマホでカンタンに動画が再生できるようになったのが大きいのかなと感じています。この数年ですごく依頼が多くなってありがたいですね。とくにおしゃれな美容院や飲食店が多いです。撮影にはソニーのカメラを使っています。やっぱりソニーはきれいに動画が撮影できます。休みの日には実家に帰ることが多くなってきました。動画撮影が忙しくて、編集がもっと大変なので平日はガッツリ仕事をして休日は実家に帰って母のご飯を食べてだらだらと過ごすのが最近のパータンです。

実家が近くにあるので、よく人からうらやましがられます。何かのときにすぐ頼れていいね、とか。まあ、それは確かに、私のほうもいざというとき子どもをすぐに預けられるとか、そういう安心があるし、逆に両親はもう高齢なので、向こうに何かあったときにも私がすぐ駆けつけられるという利点はあります。でも、いいことばかりじゃないですよ~。母の妹である叔母が、趣味で畑を借りて家庭菜園をしている関係で、よく実家に農作物をもって来てくれます。そして、そのおすそ分けをいただくのが常なんです。それはとても助かるし、ありがたいんですよね。

だけど、だからって、スイカを丸ごと持ってくるのは勘弁してくれ~。うちの冷蔵庫にはスイカ丸ごとなんて入らないし、かといって半分にカットして入れるにしても、今入っている何かを出さなければ無理だし。そんなに立て続けにスイカばかり食べられないので、傷んでしまったりするし、スイカの皮って捨てるとき重いし。まあ、いろいろですよ。
どんなに好意で、よかれと思って持ってきてくれる物でも、帰って迷惑になってしまうこともあるってこと、叔母も母もわかってないのかもしれませんね。スイカの翌日には、大きなカボチャが丸ごとどん、と置いてありました。うちの玄関の前に。